みんなのお葬式

フリーダイヤル 0120-505-828

みんなのお葬式がお伝えしたい事

お伝えしたい5つのポイント

  • 残念ながら悪徳な葬儀社は存在します。
  • 見積もりと請求書の金額が違うワケ。
  • みんなのお葬式の「安さ」の理由
  • みんなのお葬式の「信頼」の理由
  • 宗教者派遣サービスについて
  • みんなのお葬式ロゴ

残念ながら悪徳な葬儀社は存在します。

悪徳業者イメージ

近年、少子高齢化に伴なった葬儀需要の増加を見込み、異業種からの進出も含め、全国に新たな葬儀社が数多く設立されました。
隣の芝生は青いということわざがあるように、高額な費用が発生する葬祭業は一見オイシイ話のように見えますが、土地代・施設管理費・人件費・光熱費等々、運営には非常に多くの費用が掛かり、また生涯に1度しかない葬儀はリピートというものはなく、受注可能な数も限られています。
初めは意気込んで参入してきても、すぐに業績は悪化し、業績の悪化の穴埋めの為に無茶な高額プランを押し付け、袖の下を要求し、むしり取るだけむしり取ろうとしている。これが悪質業者の実態です。
中には、僧侶と結託し高額なお布施を要求しお布施の一部を紹介手数料として得るというケースも聞いた事があります。そのような被害に合わないように、信頼できる葬儀社の選択は非常に重要なのです。

見積もりと請求書の金額が違うワケ。

見積書イメイージ

「葬儀料金が高い」と一般的に思われる原因であり、又最も多くのトラブルの原因となっている理由が、見積もりと請求書の金額の違いです。
なぜ見積もりと請求書の金額が違ってきてしまうのか、その最も大きな要因として葬儀会葬者の人数が当日にならないと分からない事にあります。当日になり会葬者が想定より多く、追加で必要となってくる物が発生するという事があるからです。
葬儀担当者は通常、故人や喪主の職業や所属している団体を確認して、見積もり作成時に注意して、会葬者の人数によって食事の数を多めにとっておいたり、香典返しの数を多めに発注したり(足りない場合は後日配送が可能です)少し多めに見積もりの金額を持たせてあります。
経験が浅く見積もりが甘い担当者の場合、当初の予定より当日の会葬者が多く、香典返しを追加で発注したり、タクシーを追加で呼ぶことになり結果見積もりよりも多くの請求書になってしまいます。
そのような事にならない為にも複数の葬儀社で事前見積りをしっかり取って、色々なケースを想定して見積もりを取る事をオススメします。
特に条件を決めて[会葬者は50名・食事10名・マイクロバス1台]といった具体的な条件を決めた上で見積もりを作成すれば、見積もりに近い納得できる請求となると思います。
みんなのお葬式では、複数の葬儀社での事前見積りをオススメいたしております。ご希望の方はお気軽にお申し付け下さい。

当社窓口 0120-505-828 まで

みんなのお葬式の「安さ」のヒミツ

葬儀スタッフイメージ

当社が提案している葬儀プランは全国平均の葬儀料より非常に良心的な値段となっております。
同じプラン内容でも葬儀社様によっては直接お申し込みされるよりも2〜3割安くなるケースもあります。
なぜ安い値段のプランが可能なのか。
第一に「仲介手数料が安い。」
当社はお客様を葬儀社に紹介する事で紹介手数料を頂き運営しております。他の葬儀社紹介サイトと比べ手数料を大幅に低く(※50〜70%)設定させて頂いており、その浮いた部分を値下げ又は、品物のグレードアップに回しております。

仲介手数料 他社との比較

第二に、「コネクションがあります。」
当社の社長は葬祭業界に50年以上携わっており、その間に多く葬儀社様と交流を深めて参りました。
その中で、当社の安くてもしっかりとした葬儀をあげて頂きたい。まじめで信頼できる葬儀社で供養してあげたいという取り組みに賛同して頂けた全国の葬儀社様から破格の条件で協力して頂いております。
サイト立ち上げ時に葬儀社とのコネクションを築く際に掛かる費用も大幅に削減する事に成功しました。

みんなのお葬式の「信頼」のヒミツ

全葬連ロゴ

信頼という言葉は表面的に捉えると非常に薄っぺらい言葉に聞こえてしまいますが、我々「みんなのお葬式」では自信を持って「信頼」という言葉を使わせて頂いております。
第一に当社が提携させていただいている葬儀社様の9割は全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の協力加盟店です。(※全国1400社加盟 日本最大級の葬祭業の団体)
この組織では加盟に際し非常に厳しいガイドラインを作成しており、ガイドラインに抵触した場合直ちに除名される事になっております。

全葬連 葬祭サービスガイドラインについて 詳しくはこちら。

また全日本仏教会様の賛助会員であり、(全国にある仏教会様の推薦がないと入れません)
万が一お寺様とのトラブルが発生した場合にも、当社が責任を持って対応させて頂きます。

関連組織へのリンク

  • 全日本葬祭業協同組合連合会
  • 全日本仏教会

宗教者派遣サービスについて

お坊さんイメージ

最近では寺院派遣サービスが話題となっていますが、メリットばかりあげられてそのデメリットについて何も触れられていないので、実際に起こりうるトラブルはあまり知られていません。
トラブルの一つとして、お手付きのお寺があるにも関わらず、使わない事で親族又はご近所の方から注意を受ける事があります。
そういったトラブルに陥らない為にも、金額だけを見て、その場限りの寺院派遣サービスを選ぶのではなく、お葬式の際はお手付きの寺院にお願いし、お墓やわからない事等を相談する事が不要なトラブルをさける一番の方法だと考えます。
また、お墓の管理は、お手付きの寺院で行われる事が一般的で、供養も含め葬儀とお墓の管理を任せる事で寺院との良好な関係を築くとともに、分からない事、困った時に相談ができ、世代の管理をしてもらえます。 次に寺院の実情を書かせて頂きます。
寺院にとっての収入はどのような物があるのか。巷では寺院は税金を払っていないから、高額なお布施で坊主丸儲けと言った言葉を聞きますが、お布施は寺院にとってその大半を占める非常に大切な収入源です。
逆に言えば寺院はその他の収入が少なく、頂いたお布施の中から交通費・クリーニング代・お寺の修繕費・お寺の光熱費・電話代等々を捻出し、最後に僧侶のお給料となっています。
檀家数の少ない寺院では、お寺を管理できるだけの収入がなく、他の仕事に従事せざるを得ない事が現状です。
実際、日本全国でもの凄いスピードで寺院が減っており、特に地方では廃寺が多くなってきております。
本当に寺院が巷で言われている様な羽振りの良い業界なら、ここまで急速に寺院の数が減っていくでしょうか。
また、近年では悪い事をしたら地獄に落ちるとい言うような言葉を聞かなくなりました。
日本人の論理感と仏教には密接な関係があり、宗教観が希薄になった事で論理感の崩壊に繋がっている様に感じます。
寺院にお金を入れる必要がない為、そのまま懐に入れる事ができる、または寺院を持っていても寺院を存続させる為にやむを得ず金額を合わせている。これが安いお布施の現状であると実態を書かせて頂きました。
今一度、希薄になってしまった宗教とのかかわり合い方、仏教界の現状を知って見直すきっかけになればと思います。

外部リンク > 文化庁 予稿 日本の宗務行政について